ミギケンサック~右廻り研究所~

ミギケンサック~右廻り研究所~

少年メリケンサックっぽく、ブログの名前変えてみました。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

『ザ・タイマーズ』

こないだ、営業の仕事で入った古本屋で、先日亡くなった“忌野清志郎さん”の著書『忌野旅日記』を買った。

80年代のミュージシャンの事なんかが書いてあって、なかなか面白い本だった。

その中で、『ザ・タイマーズ』のことも書かれてあった。

だいぶ前に、会社の人の結婚式の2次会でバンドをしようという事になり、この『ザ・タイマーズ』のコピーバンドをした思い出が強いんで、“忌野清志郎さん”といったら『RCサクセション』よりも、『ザ・タイマーズ』のイメージが強い。

しかし、今になって思うと、結婚式の2次会って言う、おめでたい場所で『ザ・タイマーズ』はあかんかったんちゃうやろうか?!

一曲目の“タイマーズのテーマ”の歌詞なんて、

「ヘイ ヘイ ウィーア タイマ~ズ 、タイマを持ってる~、いつでも どんな時も~タイマを持ってる~♪」

って、いつでも、どんな時も、持ってたらあかんやろう?!

今なんかやったら、特に“大麻”が問題になってるし、っていうか間違いなく結婚おめでとうソングではないわな!

そして2曲目の題名は、『偽善者』だ!

題名を聞いただけで想像がつくと思うが、歌詞はこうだ↓

「偽善者 偽善者 あいつは偽善者~! (偽善者~!)」
「犠牲者 犠牲者 あんたも犠牲者~! (犠牲者~!)」


最悪や。

新郎・新婦に対して恨みがあるとしか考えられへん曲のチョイスだ。

結局、この『偽善者』の曲は練習だけして本番はやらんかった。

やってたら、その後の仕事に支障をきたす事になっていただろうね。

もう、15年以上も前の事やけど、書いていると当時のトラブルがあった事をめちゃくちゃ思い出してきたわ。

2次会の場所がライブハウスじゃなかったら、機材を持ち込みせなあかんかって、本番の日に初心者1万円ポッキリセットみたいなんを買いに行ったり、とてもブログに書かれへんような事とかあったな。

そんな『ザ・タイマーズ』の事を書いてたら、何気につけていたテレビから『忌野清志郎 特集』が始まったんで、めっちゃビックリした。

昔の映像が出てたけど、若いときも歳とってからも、化粧してめっちゃカッコいいわ!

そして、これからもう観れないと思うと残念です。


スポンサーサイト

 
 
Comments
 
>今になって思うと、
気付くの遅過ぎです(笑)
「タイマーズやりたい」
(1秒後)「却下」
...が普通の流れでは。
 
たつやさん、ご無沙汰しています!

当時、ギターの人が仕事でもバンドでも全ての決定権を持っていたのでv-91、まったく疑問に感じなかったですね!


 
<-   07 2018  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ミギケン

Author:ミギケン
【右廻り研究所】って雑貨屋を、神戸元町高架下で約5年やってました。

今は、大阪でエレベーターを作ったり売ったり直したりしています。

ちょっと前は、中央市場で八百屋をしていました。

その前は中央市場で果物屋をしていました。

その前は、セールスマンなんてやっていました。

その前は、宅急便の配達なんかしてました。

その前が【右廻り研究所】でした。

【右廻り研究所】では、雑貨を売ったり、オリジナルグッズを売ったりしていました。

驚くような人や会社とコラボしたりしてました。

テレビ局のコラムとイラストなんかも書いてました。

そんな右廻り研究所の前は、エレベーターを作ったりしていました。

これからは、また【右廻り研究所】を何かの形で活動していくと思います。





http://tammys.shop-pro.jp/

検索フォーム
QRコード
QRコード

Archive RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。