FC2ブログ
ミギケンサック~右廻り研究所~

ミギケンサック~右廻り研究所~

少年メリケンサックっぽく、ブログの名前変えてみました。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

就活~その3~

面接の朝。

リクルートスーツではないものの、一応スーツを着て、ネクタイもチャンと結べ、履歴書をカバンに入れ準備は完璧。

「さ~、気合入れて行こう!」って思い玄関にある鏡に映る自分の姿を見て、「やばい!」と思った。

何に「やばい!」と思ったのかというと、自分の髪型だった。

ボッサボサに伸びていた。

スーツにこの伸びた髪形だけでいうと、『ルーシー』を歌っていた頃の“ミッシェル”バンドメンバー募集ならアリかもしれへんが、営業マン募集なら、間違いなくナシだ。

とは言え、今から髪を切りに行く時間もないし、こないだテレビで見た驚異のマジシャン“セロ”のような力で髪を短くすることも出来そうにないので、とりあえず強力なワックスで前髪を強引に分けて、横の髪は耳にかけた。

仕上がりは、、、田村正和といった所だ。

逆にこれでは、ミッシェルに入るのは絶望的な髪型だ。

とにかく、そんなカッコで電車に揺られて1時間。

目的の面接を受けさせてもらう会社に到着。

会社の中に入ると、いきなり大きな難関にぶつかった。

それは、会社の入り口には誰もおらず、カウンターに電話だけが置かれており、『御用の方は“内線”の○○番までおかけ下さい』と書かれてあった。

それの何処が難関なのかと普通の会社員なら思うかもしれないが、現在“八百屋”の自分としては、この“内線”のかけ方がサッパリ分からなかったのだ。

その電話機には“内線”ってボタンもないし、電話機を前にどうする事も出来ずに暫らく固まっていた。

これはもう、ここの会社とは、“今回は縁がなかった”って事で引き返そうかとも思った瞬間、ふと以前いた会社で“内線”を使ったことを、おぼろげにだが思い出した。

確か受話器を上げて番号を押したら呼び出せたような、それかメガホンのようなボタンを押して番号を押して呼び出していたような気がした。

少し考えたが、どっちやったか思い出せなかったので、一か八か受話器を上げて番号を入れたら、「はい、どちら様でしょうか?」と女性の声が帰ってきたので無事に内線にかけれたようだった。

いま、こうやってブログを書いていて思いだしたんやけど、メガホンのようなボタンって、確かスピーカーで社内放送やったような気がする。

もしそうやったら、もの凄い恥をかくところやった。

とにかく恥をかく事もなく、3階の社長室へと案内された。


つづく

スポンサーサイト

 
 
Comments
 
早くその4が見たい!(^^ゞ

今頃恐怖の花粉症でしょうか(-o-;
私も目が痒いですが軽症です(^-^)
 
私もその4楽しみにしてます。

いろいろ難しいことが多いでしょうが
陰ながら応援してますヽ(´ー`)ノ
 
ミーチェさん、今年もしっかり花粉で、もうスグそこまで春が来ている事を感じていますよ!

 
らりほう さん、ありがとうございます!
僕も陰ながら頑張りますヽ(´ー`)ノ

 
<-   09 2018  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ミギケン

Author:ミギケン
【右廻り研究所】って雑貨屋を、神戸元町高架下で約5年やってました。

今は、大阪でエレベーターを作ったり売ったり直したりしています。

ちょっと前は、中央市場で八百屋をしていました。

その前は中央市場で果物屋をしていました。

その前は、セールスマンなんてやっていました。

その前は、宅急便の配達なんかしてました。

その前が【右廻り研究所】でした。

【右廻り研究所】では、雑貨を売ったり、オリジナルグッズを売ったりしていました。

驚くような人や会社とコラボしたりしてました。

テレビ局のコラムとイラストなんかも書いてました。

そんな右廻り研究所の前は、エレベーターを作ったりしていました。

これからは、また【右廻り研究所】を何かの形で活動していくと思います。





http://tammys.shop-pro.jp/

検索フォーム
QRコード
QRコード

Archive RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。