ミギケンサック~右廻り研究所~

ミギケンサック~右廻り研究所~

少年メリケンサックっぽく、ブログの名前変えてみました。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

さくら

こないだ仕事に行く時に、車でラジオを聴いていたら、気になる音楽ニュースが耳に入ってきた。

なんでも、イギー・ポップが客席にダイブをするのを引退するという内容だった。

理由は、先日のライブでイギー・ポップが客席にダイブをしたものの、誰も受け止めてくれずに地面に落ちたというのが原因らしい。

そりゃあ、ダイブをするのを引退というか、誰も受け止めてくれへんかったら、ダイブというよりも飛び降りだから辞めざるをえないんだろうと思った。

っていうか、イギー・ポップって何歳なんやろう?

自分が子供の頃からおったから、きっとおじいちゃんなんやろうな。

ゆうたら、学校で朝礼中に、朝礼台から校長先生が生徒にダイブするもんやろうな。

そう思ったら、イギー・ポップって凄いな~。

もっと、イギー・ポップをいたわらなあかんな。

ふと、WBCで優勝した日本代表イチローがビールかけをしていた時の「先輩をうやまえ!」ってセリフが浮かび上がって来た。

近くのさくらが咲いていた。

春だね。

明日は、4月1日のエイプリルフール。

どんな嘘をつこうか考えていると眠れません。

嘘です。

100331_1859~01

スポンサーサイト
 
 

三日坊主

これから毎日、日記を書くと宣言して1週間が経ってしまった。

やっぱり毎日日記を書くなんて、よっぽど徳を積んだ人しか出来ないようだ。

そんな訳なので、これからはたまに書く事にしました。

数日前から急に熱が出てしまい、ずっとバファリンっぽいんを飲んでた。

そのバファリンっぽいんが効いていたんで、仕事中は何とか熱を下げれていたけど、花粉症の薬と服用出来ずに鼻がズルズルでどうにもななかった。

何かを得る為には、何かを犠牲にするしかないようだ。

バファリンっぽい薬におかげで、今日の昼ごろには熱がだいぶ下がった。

ここんところ体調が悪かったせいで、まともに物が食べれなかったんで、全快祝い気分で近所のファミレスに行った。

ハンバーグセットを食べていて、最後に食べようと残しておいたコーンを食べようとフォークで一箇所にかためていたら、ウエイトレスの女性にヒョイッっと持って行かれてしまった。

一瞬の事だったんで何がおこったのか分からなかった。

呼び止めようかと思ったが、いい年こいた大人が何と言えばそのウエイトレスや周りのファミリー、カップルに、カッコよく残ったコーンを返せという事が出来るのかと瞬時に考えたが、いい答えが浮かばなかったので、コーンの乗ったテッパンが厨房へと消えて行くのを見送るしかなかった。

自分はいつも、色んなソースが染み込んだ最後のコーンを食べるのが至福の時なので、そんな至福を奪ったあのウエイトレスが憎かった。

こんなに人を憎んだのは、小学生の時にチョコレートパフェの最後のドロドロになったチョコレートクリームの部分を食べきる前に下げられて以来だ。

そんな事で、また熱が出てしまった。

また、バファリンっぽい薬の世話になりそうだ。

明日は、早朝から広島へ行かなあかんから、今晩中に熱を下げなあかんので、いまジョンレノンの何分の何とかっていう声を聴いて心を落ちつけています。

しかし、握っているフォークがテッパンに乗ってるのに持って行くか?
IMG_0015.jpg


 
 

通天閣

IMG_0021.jpg


前から通天閣に登ろうって思っていた。

それが何故だかは分からないが、ずっと前に“西加奈子”の“通天閣”を読んでからかもしれない。

もしくは、何かをビリケンさんが自分に伝えようと呼ばれているのかもしれないなんて思ったりもしていた。

とはいえ気にはなっていたのだが、色々と忙しさを理由に行けずにいた。

昨日、これから毎日気分で日記を書くと言ったので、いい機会だと思い、思い腰を上げて子供を連れて通天閣に登りにいった。

そして環状線に乗り新今宮で降りて、じゃんじゃん横丁に出てきた。

じゃんじゃん横丁へは昨年の年末、朝7時ごろに八百屋の仕事が終わったその足で、職場の子と飲みに行った。

あの時は、朝7時から、夕方の4時ごろまでヘロヘロになるまで飲んでいたんで、通天閣に登ろうって思わなかった、というか酔っ払って殆どその日の事を覚えていない。

今回は通天閣が目当てなので、串かつ屋には目もくれずに、通天閣へと行った。

通天閣の下まで行くと、安田大サーカスの等身大人形が飾られていて、「今からここの劇場で見れますよ」と横にいた呼び込みの人に声をかけられたのだが、苦手なタイプの芸人さんなんで丁重にお断りして、通天閣のエレベーターに乗り込んだ。

IMG_0026.jpg


そういえば通天閣に登るのなんて、自分が中学生の時以来かもしれないが、あれから20年ぐらい経つけど、何も変わっていないようでタイムスリップしたような感覚に陥っていた。

タイムスリップっていうと、もう直ぐ筒井康隆先生原作“時をかける少女”の映画をするようだが観に行かないだろう。

そんな事を思いながらエレベーターは最上階へと着いた。

エレベーターから降りて少し行くと“ビリケンさん”がいた。

しかし、“ビリケンさん”を目の前にしても、何もメッセージらしきものを感じるわけでもなかった。

しょうがないので、“ビリケンさん”の足を撫でたら願い事が叶うらしいので、足を撫でながら「花粉症が治りますように」と、今一番困っていることをお祈りしてみた。

通天閣に呼ばれているような気がしていたのは気のせいやったんかと思ったが、せっかく登ったんやし、ジュースでも飲んで今抱えている色んな悩みなんかを、地上90メートルからの大阪を見て考えてみようと自動販売機に行きお金を入れようとした時、“出川”だ!

正確に言うと、出川哲郎のジュースだ。

IMG_0038.jpg


ジュースの缶には『出川哲朗のパイオレジューちゅ~俺の昔のあだ名は 切れたナイフ』と書かれていた。

何かばかばかしくって、悩みなんて如何でもよくなり、じゃんじゃん横丁で酒に溺れた。

因みに、『出川哲朗のパイオレジューちゅ』のお味は、、、、、、。


 
 

また日記でも

長いこと、日記を書いてへんかったんで、また毎日日記でも書いていこうかなって、さっき思ったんで、今そんなことを書いています。

たいした話はないんで、たいして忙しくない時にでも見てもらえれば幸いです。

あと、やっぱり毎日は書かん気がするんで、毎日書く気持ちでホドホドに書いていくと思います。

 
<-   03 2010  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ミギケン

Author:ミギケン
【右廻り研究所】って雑貨屋を、神戸元町高架下で約5年やってました。

今は、大阪でエレベーターを作ったり売ったり直したりしています。

ちょっと前は、中央市場で八百屋をしていました。

その前は中央市場で果物屋をしていました。

その前は、セールスマンなんてやっていました。

その前は、宅急便の配達なんかしてました。

その前が【右廻り研究所】でした。

【右廻り研究所】では、雑貨を売ったり、オリジナルグッズを売ったりしていました。

驚くような人や会社とコラボしたりしてました。

テレビ局のコラムとイラストなんかも書いてました。

そんな右廻り研究所の前は、エレベーターを作ったりしていました。

これからは、また【右廻り研究所】を何かの形で活動していくと思います。





http://tammys.shop-pro.jp/

検索フォーム
QRコード
QRコード

Archive RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。