ミギケンサック~右廻り研究所~

ミギケンサック~右廻り研究所~

少年メリケンサックっぽく、ブログの名前変えてみました。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

『ザ・タイマーズ』

こないだ、営業の仕事で入った古本屋で、先日亡くなった“忌野清志郎さん”の著書『忌野旅日記』を買った。

80年代のミュージシャンの事なんかが書いてあって、なかなか面白い本だった。

その中で、『ザ・タイマーズ』のことも書かれてあった。

だいぶ前に、会社の人の結婚式の2次会でバンドをしようという事になり、この『ザ・タイマーズ』のコピーバンドをした思い出が強いんで、“忌野清志郎さん”といったら『RCサクセション』よりも、『ザ・タイマーズ』のイメージが強い。

しかし、今になって思うと、結婚式の2次会って言う、おめでたい場所で『ザ・タイマーズ』はあかんかったんちゃうやろうか?!

一曲目の“タイマーズのテーマ”の歌詞なんて、

「ヘイ ヘイ ウィーア タイマ~ズ 、タイマを持ってる~、いつでも どんな時も~タイマを持ってる~♪」

って、いつでも、どんな時も、持ってたらあかんやろう?!

今なんかやったら、特に“大麻”が問題になってるし、っていうか間違いなく結婚おめでとうソングではないわな!

そして2曲目の題名は、『偽善者』だ!

題名を聞いただけで想像がつくと思うが、歌詞はこうだ↓

「偽善者 偽善者 あいつは偽善者~! (偽善者~!)」
「犠牲者 犠牲者 あんたも犠牲者~! (犠牲者~!)」


最悪や。

新郎・新婦に対して恨みがあるとしか考えられへん曲のチョイスだ。

結局、この『偽善者』の曲は練習だけして本番はやらんかった。

やってたら、その後の仕事に支障をきたす事になっていただろうね。

もう、15年以上も前の事やけど、書いていると当時のトラブルがあった事をめちゃくちゃ思い出してきたわ。

2次会の場所がライブハウスじゃなかったら、機材を持ち込みせなあかんかって、本番の日に初心者1万円ポッキリセットみたいなんを買いに行ったり、とてもブログに書かれへんような事とかあったな。

そんな『ザ・タイマーズ』の事を書いてたら、何気につけていたテレビから『忌野清志郎 特集』が始まったんで、めっちゃビックリした。

昔の映像が出てたけど、若いときも歳とってからも、化粧してめっちゃカッコいいわ!

そして、これからもう観れないと思うと残念です。



スポンサーサイト
 
 

不幸のスパイラルライフ!!!

運の悪い日というのは、ほんと何をやってもついていないものだ。

今日は、そんな日だ。

今朝、何故か午前4時ごろに目が覚めた。

もう一度眠れそうにないので、そのまま起きてボーっとテレビを見ていた。

そのうち、『めざましテレビ』が始まり、『今日の占い CountDown』のコーナーをやっていた。

最下位は『てんびん座』だった。

そして、自分は大塚さんと同じ『てんびん座』だ。

普段、占いなんて見ないのだが、たまたま見てしまって悪かった場合は、メッチャ気にするほうだ。

そんな悪い予感は的中してしまった。。

仕事に行こうとマンションを出ると、何かもの凄い違和感を感じた。

その違和感はスグに分かった。

『バイクがない!!!』

ちょうど1年前に、深夜“中央卸売市場”で働くために中古で買った『スーパーカブ』がぱくられていたのだ!

まだ、ローンも払い終えてへんのに、メッチャ頭に来たのと絶望感のまま、直ぐに最寄の警察署へ盗難届けを出しに行った。

警察署へ行くと、バイクの盗難は“刑事課”に行けといわれた。

“刑事課”に行くと、“知能犯”の係りへと行かされた。

どうやら、バイク泥棒は“知能犯”なようだ。

そこには、“おじいちゃん刑事”が一人いて、その人に説明していた。

その調書を“おじいちゃん刑事”は、パソコンを使いデーターを入れていくのだが、その操作がメチャクチャ遅い。

お年寄りやから、しょうがないっていえばしょうがないんやけど、それにしても操作が遅かった。

キーボードをうつ手は、右手の人差し指のみ。

しかも、たぶん老眼のせいだろうか、1文字うつと液晶画面を覗き込むといった大変な作業をしていたので、もう僕の事は忘れているかのようにパソコンと格闘していた。

「もう、手書きでええやん」って思ったが、これが時代の流れで、この“おじいさんデカ”も辛いのだろうと思い諦めた。

その後、暫し“おじいさん刑事”の隣りで大人しく座っていると、やはり“刑事課”とういう所なのか、捕まりたてホヤホヤなのか手首と体を縄で縛られている、何かの犯人らしき人と武道派の刑事っぽい人が僕の直ぐ横を通っていき、もの凄い形相で睨まれた。

なんとも、いたたまれない気持ちだ。

そんな僕の気持ちなど知る由もなく、“おじいさんデカ”はまだパソコンと格闘していた。

そして、ようやくパソコンへの記入が終わると、僕が警察署に入ってから1時間以上が経っていた。

警察署を出ると、外は雨が激しく降っていた。

傘をさし、階段を下りていたら、雨のせいか足元が絡まり頭から転げ落ちてしまった!!

左手に傘をもち、右手に携帯電話を持っていたので、まったく受身がとれずに、7,8段下の階段で膝を強打して血だるまになった。

血だるまは言い過ぎたかもしれへんけど、あんまりに豪快に転げ落ちたので、周りにいた人たりがビックリして駆け寄ってきた。

周りにいた人達は、心配そうに「大丈夫ですか?」と言って手を差し伸べてくれたが、「ええ、大丈夫です。 ありがとうございます」と精一杯の笑顔で答え階段をおりようとした。

しかし、階段から転げ落ちたショックと、その一部始終を見られた恥ずかしさから、すぐにその場を離れようようと思ったが、打ちつけた膝が想像以上に痛く立ち上がる事が出来ず、手すりに捕まりながら少しずつ階段を下りていった。

背後には“警察署”があり、雨の中血だらけで階段にしがみ付いて降りる姿は、まるで『太陽にほえろ』の殉職シーンのようだと思った。

『ミギマワリ テンチョウ デカ ジュンショク』

って、感じだろうか。

それはそうと、足を引きずりながらも、何とか歩いて家に帰る事が出来た。

家に帰ってから、今日あった不幸があまりにも悲惨な不幸過ぎると思い、このままでは不幸やり損なのでブログのネタにしようと書いてみました。

そして、少し冷静になってこのブログを書いていると、階段から落ちた時の大事な事を思い出した。

それは、あの時なんで右手に携帯電話を持っていたのかという事だ。

じつは、警察署を出た時に相当イライラしていて、“めざましテレビ”の占いの事を思い出した。

「ほんま、今日のてんびん座はメチャクチャついてへんな~!」って思った。

そして、もう1つ思い出したのは、そんな最下位の“てんびん座”の『ラッキーおまじない』は、『携帯電話の画面をふく』だった!!

それを思い出して、これ以上不幸が降りてきたら叶わんと携帯電話の画面を拭こうと思い、右手に携帯電話を取り出し画面を拭いていた時に足が絡まり、階段を転げ落ちたのだった!

あれは、ほんまに『ラッキーおまじない』やったんかな?

恐ろしき“ムーンプリンセス妃弥呼”のめざましテレビ占いだ!!


 
 

随分、こないだの続き! ~cholitto market~

セールス営業をやるっていう話を書いている途中で、急な睡魔に襲われてしまい、後で書こうって思いながら一週間が経ってしまった。

ので、遅くなりましたが続きをどうぞ!

●セールス営業マン初日!

仕事内容は、フリーペーパーや、地域のサイトに載せてもらう広告を、飛び込みで色んなショップや、企業、などにお願いをして取ってくる仕事だ。

今まで5年間も店をやってて、店内に入ってきたお客さんにすら、セールストークなんて殆どした事のない自分が、突然知らないお店に入ってセールスなんて出来るのだろうかと不安は膨らんでいた。

そして、事務所で資料と名刺を渡され、いざ営業へと行った。

初めて入ったお店はカフェだった。

お店のドアを開けると、すぐ目の前に従業員の方がいたので、名刺を渡して話かけようと思ったが、なにぶん緊張し過ぎて頭の中が真っ白になってしまい言葉が出てこなかった。

そして、ようやく口から出た言葉が「間違いました」と言い、そのまま店を出て行ってしまった。

俺は、いったい何に“間違えた”んやろうか?

そんな事を考えながらも、何軒か廻っている間に、少しずつ慣れてきたが、嫌な顔で追い払われる度に、ボディーを殴られているかのように精神的ダメージは蓄積されるようだった。

酷い時は、店に入ってセールスやって分かった途端、「お前、今忙しいねん、ぶっ飛ばされんぞ!」と凄みながら言ってきたうどん屋のオッサンもおった。

「忙しいっていうても店内に客って誰もおらんし、オッサン今、暇そうに新聞読んでたやん!」って言いそうになったが、謝って出た。

これが、セールスマンって奴なんだと、滅入ってきた。

こないだ“金スマ”で、辰吉の特集を見て感動してなかったら、初日でK・Oされていたと思う。

それからも、同じように廻っていると、『cholitto market』という雑貨屋さんに行く事にした。
090605_1155~01

店内に入ると、古着やレトロ雑貨なんかが置いてある店で、右廻り研究所に通じるものを感じた。

店主の女性に声をかけて、今まで同様に広告のセールスを話すと最後まで嫌な顔もせずに聞いてくれた。

広告を出すんは難しそうだと言われたが、それから色んな話をさせてもらったなか、自分で書いた『本(うぶだし)』の話をしたら、その店で少し販売してもらえる事になって、それとは別に1冊読みたいからと言って買ってくれた。

この日、結局営業は取れへんかったけど、その雑貨屋の店主と知り合えたし、『本(うぶだし)』を販売してもらえる事になったんで、なかなか良い営業初日だった。

そんな、『cholitto market』さんは、大阪の上本町にあるんで是非行ってみてくださいね!

詳しくは、ホームページをどうぞ⇒クリック




 
 

セールス営業マン~1日目~

今日から、セールス営業マンとして働く事となった。

生まれて初めての営業という仕事で、しかも歩合制だ。

営業なので、これからは毎日スーツを着ての出社となる。

37歳にして始めてのスーツを着ての仕事で全然着馴れてない感がにじみでていた。

街中のショーウィンドーなんかに映る自分の姿を見ると、まるでサラリーマンのコスプレをしているようだ。

そして出社し、簡単に営業の説明を聞くと、早速飛び込み営業を実戦する時が来てしまった。

と、ここまで書いてなんですが、急にもの凄い睡魔が襲ってきたので、続きは明日書きます。

それじゃあ、またニコッ♪








 
<-   06 2009  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ミギケン

Author:ミギケン
【右廻り研究所】って雑貨屋を、神戸元町高架下で約5年やってました。

今は、大阪でエレベーターを作ったり売ったり直したりしています。

ちょっと前は、中央市場で八百屋をしていました。

その前は中央市場で果物屋をしていました。

その前は、セールスマンなんてやっていました。

その前は、宅急便の配達なんかしてました。

その前が【右廻り研究所】でした。

【右廻り研究所】では、雑貨を売ったり、オリジナルグッズを売ったりしていました。

驚くような人や会社とコラボしたりしてました。

テレビ局のコラムとイラストなんかも書いてました。

そんな右廻り研究所の前は、エレベーターを作ったりしていました。

これからは、また【右廻り研究所】を何かの形で活動していくと思います。





http://tammys.shop-pro.jp/

検索フォーム
QRコード
QRコード

Archive RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。